自然薯(山芋)の育て方  ―植え方・病気・害虫・肥料・収穫―

昔から自然薯は栄養価が高く、山からの贈り物と言われるほどでした。

しかし、最近では栽培方法も進化し、畑でおいしい自然薯が栽培できる

ようになりました。



おかげでスーパーや直売所でもきれいな自然薯を手に入れることが出来る

ようになってきました。


そんな自然薯を自分で育ててみませんか。


                                             管理人

自然薯(山芋)の栽培年間作業

自然の恵みを受けてスクスク育つ自然薯は、発芽するに必要
な温度が10℃以上になるので初年は10月から畑の準備に掛か
ります。


【自然薯栽培の年間作業】
・雪が溶けた2月から成熟した自然薯を掘り下げる作業が始
 まります。


・3月中旬よりパイプ土の作成に入りますが、市販のものを
 利用すると便利ですね。


・4月にはいったら、堆肥を巻いて土を掘り起こしに入りま
 す。パイプ土の作成も同時に行い溝を掘って作業をしやす
 い状態に作ります。


 5月の初旬までに、パイプ溝を作りシートを伏せて順に慣
 らしていきます。パイプ埋めが一番時間が掛かり大仕事と
 なりますね。串を20?感覚で刺していき土をかけて固定し
 ます。


・植え付けは4月から5月が適していますので、この間に植
 え付けを終わらせます。


 切芋を使うか、ムカゴを大きくした小芋がありますが、切芋
 は切り口を乾燥させて植えるのが重要です。


 ムカゴから育てる場合には、春に植え付けて翌年収穫したも
 のが種芋となります。


・定植は5月からで6月には支柱とネット張りを終わらせます。
 下旬には蔓も伸びてくるので、蔓が日焼けしないように遮光
 ネットや藁で日焼けを防ぎます。


・収穫は10月下旬から12月までとなりますが、多くは11月下旬
 から12月初旬が多くなります。


 切芋を使うと6カ月程度で収穫が可能ですので、家庭菜園でも
 簡単に栽培が出来ます。種芋は、ホームセンターでも購入が出
 来ますので時期になったら良いものを探してみましょう。


スポンサード リンク