自然薯(山芋)の種類   

―自然薯(山芋)の育て方  植え方・病気・害虫・肥料・収穫―

昔から自然薯は栄養価が高く、山からの贈り物と言われるほどでした。

しかし、最近では栽培方法も進化し、畑でおいしい自然薯が栽培できる

ようになりました。



おかげでスーパーや直売所でもきれいな自然薯を手に入れることが出来る

ようになってきました。


そんな自然薯を自分で育ててみませんか。


                                             管理人

自然薯(山芋)の種類について

自然薯は日本が原産で、ヤマノイモ科蔓性植物です。日本で
は山芋を大きく3つに区分けし、自然薯、長芋、代薯が山芋
と呼んでいます。


【長芋】
自然薯に良く似た長いものを、長芋、塊になった捏芋(つくね
いも)銀杏のように平べったいものを、銀杏芋と呼んでいます。


・長芋は、スーパーでも見かけるもので一般的な山芋の事で
 す。すりおろすとサラサラして、水分が多いのが特徴です。

 サラダや和え物です食べると歯触りも良く美味しいですね。

・捏芋は、関西では大和芋とも呼ばれ拳骨のようにゴツゴツ
 しています。粘りけがあり、濃厚な味が特徴です。和菓子
 の原料としても有名ですが、高級料亭の食材としても利用
 されます。

・関東では銀杏芋を大和芋と呼びます。形は色々ですが平べ
 ったいのが特徴、舌触りが滑らかで粘りがあるので、すり
 おろしてとろろいもいもにします。


 そばやとろろ飯にも使われ人気の芋です。自家栽培は長芋の
 中でもかなり難しく、生産量は少なめです。


【大薯】
熱帯地方の芋類で、日本での栽培は僅かです。市場やスーパー
では、出回る事は少なく増粘剤としてアイスクリームに使われ
たりもします。


日本ではサツマイモやじゃがいもよりも歴史の古い自然薯は、
山菜の中でも栄養価が非常に高く重宝されています。


最近は栽培される事も増えてきました。一般的には長芋が食卓
に上るのですが、自然薯の粘りに高い栄養価がある事から自宅
で栽培する人も増えています。


家庭菜園、プランターなどライフスタイルに合わせて自然薯栽
培を楽しみたいですね。


スポンサード リンク